スポンサーサイト

  • 2016.04.04 Monday
  • 一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク



    第9回湘南国際マラソン ボランティア記 その1

  • 2014.11.07 Friday
  • 第6回大会から少し間があきましたが、またボランティア参加してきました。

    今回は、大磯の給水スタッフです。当日の様子など記録しておきたいと思います。

    走る 集合場所へ

    当日でかけるという夫がその前に平塚駅まで送ってくれました。予定よりだいぶ早めに着いたけれど余裕ができてよかった。
    平塚駅には、もうランナーらしき人たちがたくさん。
    6時40分ころの下り電車は、満員。降りる人もいません。ランナーの方たちは前にリュックなどをかかえてマナーがいい。

    大磯駅は前回も思ったけど、ちっちゃい駅なんです。駅員の方も大きな声で誘導してくれます。ホームにも改札付近もすごい人。
    それでもみなさん整然と並んで出て行きました。こんな時間、普段はあまり利用する人もいないのでしょうが、一番驚いたのはきっと大会を知らずにたまたま来てしまった人でしょうね。

    駅前もすごい人。会場までのシャトルバスを待つ列がずーっと続いてます。神奈川県警と警備会社の人がたくさんでて誘導してました。
    私の集合場所は、「大磯港」で徒歩10分のところ。でも駅前に案内がなく、おまわりさんに教えてもらって歩きました。
    時間に余裕があったので、西湘バイパス下の海岸へおりて大磯港方面を撮影。


    青空も見えますが、風が少し冷たい。

    大磯港の集合場所について、西湘バイパスの方を振り返ると「富士山」!



    今日は少し雨が降るとか、午後は風が強くなるとか聞いていたけれど、いい天気になりそうな予感。

    走る 給水所設営

    担当する給水所は、西湘バイパス内なので、交通規制がかかってから移動を始めます。普段は歩いて入れないところ。
      
    給水所は下り方面にあり、向かいには大磯町役場が見えます。中央分離帯の向こうは上り車線。ちらっと見える白いウェアの方は医療スタッフです。ルート上何カ所も医療スタッフがいて、自転車で追走するスタッフもいます。白いウェアに赤い帽子が目印です。役場前のフェンスのところから一般の方が応援していました。
    ここは、スタート直後のランナーを上り車線で、フルの35kmを下り車線で見ることができます。10km, ハーフ、車いすもこの給水所を通るので観戦にはいい場所かも。

    スタッフがバイパス上に入ると、トレーラーが何台か並び、設営用の機材、ドリンク類をどんどん下ろしていきます。

    長机を並べ、ドリンクを用意し、ごみ箱、ペットボトル用、キャップ用袋を準備します。トレーラーがいなくなり、車いすランナーが上り車線を走り始めている最中も設営準備が続きます。給水所は水、スポーツドリンク、食料(梅干し、レーズン、グミなど)があります。食料は場所によって少しずつ違い、今年は東北被災地の品物がでたところもあったようです。
    準備完了!手前の机はランナーがとるコップで、後ろの机にプラ板を使って3〜4段のコップを準備します。
    水はコップの半分ほどがとりやすいとかで、そのように入れてあります。続きは△如


     



    スポンサーサイト

  • 2016.04.04 Monday
    • 2016.04.04 Monday
    • -
    • 22:24
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    コメント
    コメントする








       

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM